AJOC HOME PAGE

HOME][AJOCとは][ビジョンケア][商品事業][販促事業][教育事業
公開経営][会社概要][全国店舗一覧][加盟店企業リスト

AJOC 「公開経営」
KEY WORD

■公開経営
・定時例会
・移動例会
・委員会
・グループ別会議
・勉強会
・AJOC本部

■情報共有
・センター通信
・AJOC NEWS
・AJOC HOMEPAGE
・ajoch=アジョッチ
・FAXエクスプレス
・朝の言葉
・経営分析

【AJOC本部】

東京・品川区五反田にあり、業界動向、加盟店動向、競合店動向などを収集し、各委員会に提供するAJOCの総合情報センターとなっています。委員会活動を多面的にサポートし、採決が得られた事業内容については実行を担当します。各種勉強会や会議などに利用できるAJOCセンター研修室が併設されています。

ガラス張りの経営はAJOCのメンバーに求められる基本条件であり、AJOCの諸活動の根幹をなすものです。AJOCは、ビジョンケアを推進する全国のメガネ専門店がつくるボランタリーチェーンですから、加盟するそれぞれのメガネ専門店は経営的に独立しています。加盟店は自社の独自性を保ちながら、商品、販促、教育、情報など、スケールメリットが生かせる事業を協同で運営することで、単独では得られないさまざまな利点を活用し、理念とするビジョンケアの追求を行っているのです。そのためにもっとも重要なのが、加盟店間の情報公開と交流です。AJOCでは、互いの情報を交換し、メンバーの英知を集結する場となる、定時例会、移動例会、委員会、担当者会議などが定期的に開催されており、営業戦略から商品開発、人材開発に至るまでの、具体的で活発なディスカッションが行われています。

 

【定時例会】
原則として隔月に開催されます。会場は五反田のAJOC本部。参加者は、加盟店の経営者および経営担当役員などで、1泊2日のスケジュールで、各委員会、グループ別会議、勉強会、情報交換発表などが行われます。各自が蓄積するノウハウや課題をオープンにし、討議し、切磋琢磨することで、時代の変化に対応することはもちろん、時代を先取りしたさまざまな施策が展開されます。

【移動例会】
年1回開催。経営者によるメンバー店の店舗視察。同業者の厳しい視線で、店舗の作り方、商品構成、商品陳列、ディスプレーから、接客や社員の態度に至るまでを詳細にチェックしアドバイスを行いあうものです。

【委員会】
全店で行う事業を検討し、AJOCの方向づけを行うのは、加盟店の代表で構成される委員会であり、AJOC本部が、その活動をサポートします。現在、商品委員会、販促委員会、教育委員会の3つの委員会があります。本部主導ではなく、あくまで加盟店の自主性が尊重されるのがボランタリーチェーンの特徴です。この点がフランチャイズチェーンとは大きく異なります。

【グループ別会議】
北海道から九州まで、全国に32社、550の店舗を持つAJOCグループですから、それぞれの加盟店の立地、マーケット環境、経営方針などはさまざまです。営業上・経営上出てくるさまざまな課題に対して問題提起を行い、全員でディスカッションし、解決の方向へ持っていくのがグループ別会議。現在2グループに分かれて行っています。

【勉強会】
時宜にあったテーマについて識者や専門講師に講演を依頼。主にマネジメントの分野で専門的な立場に立った多面的なご指摘をいただいています。
(1998.1〜2000.7開催の勉強会のテーマと講師)
「KATA」/ブレーク・クワハラ氏(KATAデザイナー)
「プロの育て方・育ち方」/池谷公二郎氏(巨人軍ピッチングコーチ)
「限りない挑戦」/黒岩彰氏(スピードスケート五輪銅メダリスト)
「スポーツと視力」/石坂有起子氏(ビーチバレープレーヤー)
「コミュニケーション経営のすすめ」/薮本幸宏氏(経営コンサルタント)
「勝負師の先の読み方」/神吉宏充氏(棋士)
「人口が減るときの経営」/古田隆彦氏(青森大学教授)
「二人の流通革命」/緒方知行氏(ジャーナリスト)


ページの先頭へ戻る

次のページへ


AJOCにメール お問い合わせは こちら まで