ベビー
小学生

老視とは
シニアグラスの選び方

まぶしさに弱い
白内障術後
金属アレルギー
網膜色素変性症
ロービジョン
ドライアイ

歯科医師
調理師
理容師・美容師
大工
農作業

バスケットボール
スキー
剣道

ピアノ
マージャン
パチンコ・スロット
大正琴

ミセスのお顔を明るく
在宅酸素療法利用者
オートバイ
御詠歌
車の運転
料理
コンタクトレンズ予備用

 

 カットやシャンプーなどさまざまな仕事に対応できる老眼鏡とは?

 理容師・美容師の方は、お仕事柄手元の短い距離を見ることが多いと思います。例えばカット、シャンプー、顔そりなど…。手元だけであれば従来の老眼鏡で見たい距離に合わせればOKですが…。しかし、常に手元ばかり見ているわけではありません。鏡に映るお客様の顔を見たり、来店されるお客様を見たり、手元以外の距離のものを見ることもあると思います。
 従来の老眼鏡だと見える範囲が限られてしまいます。かといってメガネを掛け外すのは面倒ですよね?そこで店内で快適に仕事ができるメガネとして3タイプのメガネレンズがあります。

タイプ1 中近レンズタイプ

 手元専用メガネとして最適、手元から4m先まで見ることができます。レンズに境目がないタイプ。手元も見えて鏡に映るお客様の顔も見たい。店内で常に掛けていたい人にお勧め。

タイプ2 近近レンズタイプ

 室内専用メガネとして最適、手元から1〜2m先まで見えます。レンズに境目がないタイプ。手元を特にしっかり見たい。しっかり見えたい。鏡に映るお客様の顔もある程度見える。手元を見る時だけ使いたい人にお勧め。

タイプ3 バイフォーカルタイプ

 屋内だけでなく屋外でも使える。レンズに境目がある遠近両用。手元の視野をしっかり確保したい。鏡に映る後方の入口から入って来るお客様や外の状況を見たい。常にメガネを掛けていたい人にお勧め。

 ポイントはお客様の使用目的、作業距離にあったメガネを作成することです。お店に行った時必ず、目的、見たい距離などを店員に言って、トライアルレンズ(擬似体験レンズ)を掛けて実際の距離感を再現すると、より快適でお客様にとってベストなメガネができあがります。

(回答者 金沢光学堂クリア店・田中秀吉)